FC2ブログ

県庁前インプラント/ホワイトニング 最新情報

ホワイトデンタルクリニック県庁前 インプラント治療・審美歯科・一般歯科

スポンサーサイト

スポンサー広告 --/---- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

共同通信社の記事

未分類 2012/0606 Wed 10:58:43
共同通信社の新聞に載っていた記事です。

歯周病は自分の歯を失う大きな原因となるが、急速に普及するインプラント(人工歯根)でも同じような症状になることがある。自分の歯に比べ進行が速い半面、気付くのは遅れがち。専門医はインプラント治療前のケアと、定期的なチェックの大切さを訴える。

 歯周病は歯と歯茎の間に繁殖する細菌への感染によって起きる。歯茎が腫れたり出血したりする歯肉炎から、歯を支えるあごの骨にも影響する歯周炎に進み、放置すれば最終的には骨がとけて歯が抜けてしまう。

 チタンでできた土台を骨に埋め込み、その上に人工歯を置くのがインプラント治療。土台は骨にしっかり固定されるため硬い物もかめるが、自分の歯との違いは、歯と骨の間に歯根膜(しこんまく)と呼ばれるコラーゲン組織がインプラントにはないことだ。

 自分の歯以上にメインテナンスを必要とします。

 当医院ではメインテナンス時、歯周病治療を応用してレーザーや超音波、や殺菌水(オゾン水、次亜塩素酸水) などを利用して、歯周病菌の除去、除菌を
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。